アグレッシブマッシブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --.--.-- --
TOUCH IT
毎度、抱かれたい男上位にランクインしている僕なんですが、実はとってもオッチョコチョイな一面もあるんです。


え~?そうなの~?

(ザワザワザワ)


夢を壊してごめんなさい。
でも事実です。じじちゅです。

かなりのオッチョコチョイ野郎です。

オッチョコチョイのトッチメチンです。

略してオッチョメチンです。



こんばんは、オッチョメチンです。


超オッチョメチンです。


今でこそ若者達は、この

超(チョー)

という言葉をこぞって文頭に活用していますが、この言葉を世に知らしめたのは間違いなく





超かめはめ波





であると確信しております超オッチョメチンの小野です。
超チンともなれば、何だかとってもお祭り騒ぎ。

さて、今日はそんな僕の超チン話を書いてみようと思います。お暇な方は時間潰しにご覧ください。



Long,long,time ago──



ムカシムカシノ~
ソノムカ~シ~



その夜、僕はDJのお仕事が入っておりました。


しかし今だ布団の中。熱を出してしまったのです。

「時間ギリギリまで寝てていいよ」

と主催者さんが言ってくれたので、有難く自宅で安静にしておりました。

そして安静し過ぎて寝坊しました。


アンギャー!


急いで準備をして、CLUBへと向かいました。

なんとか間に合ったものの、到着後すぐにDJをしなければなりませんでした。

フロアはお客さんで溢れ、盛り上がりも最高潮に達していました。
僕もいつしか具合が悪いのも忘れ、アグレッシブにDJに取り組んでおりました。

DJの持ち時間は一時間。楽しい時間ほど短く感じるもの。

30分くらいたったでしょうか。

残り時間をチェックしようと、時計を持たない僕は携帯電話を探しました。

片方の手ではレコードを回し、もう片方の手でポケットを探る。


上着を調べました。


ない。


ズボンの左ポケット。


ない。


右ポケットか?


あった!


しかし、その感触は携帯とは違う物でした。


何だこれ?



レコードに集中していた僕が、ふとポケットに目をやると


デカイなにか。


が収納しきれずはみ出して入っているではありませんか。


例えるのなら、クリスマスになるとコンビニで売っている


お菓子の入ったサンタの靴


に、強引に足を入れて履いたレベルのはみ出しっぷり。

僕の後輩はあの靴を履いて歩行に挑戦したら、こけて足を捻挫したそうです。


バカだ。


とにかく、慌ててたせいでその物体の存在に全く気付きませんでしたが、それはそれは見事なまでのはみ出しデカのデカプリオでした。

しばしDJの手を休め、校則違反のデカプリオを取り出してみることにしたのです。


スルスルスル~


そして遂にデカプリオは我々の前に姿を現わしたのです。





そこで僕は言葉を失いました。





想像して頂きたい──






熱におかされながらも指命を果たそうとする一人の青年。






必死に病魔と戦う一人の青年が、






満員御礼のCLUBのステージの上で、






プレイ中、突然、






おもむろにズボンのポケットから、






直径25センチもの、






巨大な、





















テレビのリモコンを取り出す。
















取り出し、そして見つめる。







スポンサーサイト
 2006.11.30 Thu
  t:0   [昔話]
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。