アグレッシブマッシブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --.--.-- --
PERFECT MATCH
ガチンコ。


いつからこの言葉が会話で用いられるようになったのか。確かテレビ番組でそんな名前の企画があった気がする。何語なのだろうか。恐らく日本で生まれたとは思うが、まあ今回はそこには触れずに先へ。

互いに譲らぬ者同士が真剣に正面からぶつかり合い、真っ向勝負するという意を現わすにおいて「ガチンコ」は的確でありうってつけの表現ではある。

しかしそれは一歩間違えるとたちまち狂暴な悪魔の言葉と化す。



女子アナが淡々とこんな原稿を読んだらどうだ。



「さぁ、続きましてスポーツの話題です。まずはプロ野球です。今日はデーゲーム6試合が行われました。では各地の試合結果です。」

「交流戦、FC2スタジアムで行われた『巨人』対『日本ハム』戦は、若手両エースがチンコ対決となり、白熱した投手戦を演じました」









大変だ。








極めておかしな白熱っぷりになってしまう。
白昼堂々ディック全開なのである。



「劇空股間プロ野球」



とかになっちゃうのである。

勝負の決め手がチンコなのは明らかで、チンプレーの連続なのも言うまでもない。

チンプレー、コプレーの応酬である。



「俺のアンダースローを見よ!」



みたいなことになってくる。


ジャイアンツ期待の大型新人投手は実は、



「小さな巨人でした」



みたいな、ややこしいことになってくるのである。


日ハム期待の剛腕ルーキーは実は、



「シャウエッセンかと思ってたらボンレスハムでした」



みたいなことになり、



「俺、メジャーに挑戦するっス!」



みたいなことになってくるのである。



「ハムのヒト」



の愛称で人々から親しまれるのはどうやら避けられそうにない。


そうなると打者も黙ってられない。バッターボックスに入るやズボンを下ろす。



「お前のマサカリ投法など敵ではない!」

「俺の振り子打法を見よ!」



みたいなことになってくる。

タマスジをよく見極め、甘いボールは逃さず確実にとらえるのだ。




「下ネタ延長の為、野球中継を終了致します」









スポンサーサイト
 2006.08.30 Wed
  [発見]
芭蕉
あのひと(女)も


あしのおやゆび


毛がはえる





ぬいたり


そったり


ひまなとき





みんなみんな


はえているんだ


友達なんだ







『小野芭蕉』





これは小野芭蕉の代表的な歌である。


風流ですね。


足の親指には誰でも毛がはえる。

足の甲にもはえるんだ。

それを処理する者と、処理しない者。
それぞれ違った表情が見てとれます。


それはいわば、




男と女。




人と足毛。




笑顔と苦悩。




抜く側と、抜かれる側。




抜きつ抜かれつ。









赤がんばれ!




白も負けるな!









ケツアゴとシャクレ。




若と貴。




サイモンとガーファンクル。




峰竜太と竜雷太。




お母さんとスリッパ。




お母さんの足の裏カチカチ。




カラオケする彼女と僕。




歌ってる最中、彼女が電話をかけに外に出ていく。




そんな時に限って、店員さんジュース持ってくる。












店員さんと僕。











顔真っ赤。




声ちっちゃくなる。




緊迫した空気の中、




どさくさにまぎれて、












歌うのをやめる。




歌うことをやめる。












この様にとても季節感あふれる内容になっております。

小野芭蕉の繊細さがここでも分かるのです。


何気無い生活の中で見つけた、




小さな小さな毛穴。




小さな毛穴の大きな存在。




毛穴と毛穴はだいたい同じ。




毛穴と毛穴のIT革命。












スキンケアナ。












当時は、その斬新さに戸惑いすらありました。
しかしこれで芭蕉は一躍有名になったのです。

今年の夏も色んな所でこの歌を思い出しました。

芭蕉が残した現代人への応援歌、

そんなどうでもいい作品なのではないのでしょうか。








 2006.08.23 Wed
  [歌集]
失態
「よう!小野くん!」


「あっ!これは社長!先日はありがとうございました!」



と、



先方の社長に深々と頭を下げたところで小野はハッとした。



《し、しまった!》


《お、俺としたことが、うっかり頭を下げちまった!》




それはごく当たり前なことかもしれない。

しかし小野にとっては失態以外のなにものでもなかった。


何故なら、今までそうやって安々とペコペコ頭を下げる大人達を見て、


「こんな大人には絶対なるものか」


そう鼻で笑ってきたからである。


「恥ずかしいからやめてくれ」


そう大人達を冷めた目で見てきたからなのである。


そんな小野の矛盾した行動は、うっかりじゃ済まされないことだった。


相手が目上の誰であろうと、そこでそんなにまで頭を下げる必要性はないはずなんだ。















だって電話なんだもの。















別に、しなくていいじゃん。


そう指摘してきたはずの小野もついに、







お母さん街道まっしぐら。







やめられないとまらない。







その後も小野は部屋で一人、何度も何度も頭を下げてしまうのでした。






あれれ?またやっちゃった!

あ~!またやっちゃった!

あはは!なんだろこれ?やっちゃうな~♪











 2006.08.17 Thu
  [日記]
オシッコ我慢して書いてます
ハイエースをご存知ですか?

でっかいでっかいトヨタ車です。

今朝、そのハイエースに乗り込もうとしたら、入り口の上の部分に頭を打ち付けました。

そしたら、たんこぶできました。

ハイエースは運転席が高いので、上の手すりをつかんで自分を引っ張り上げ、のび上がるようにして乗り込むのでかなりの勢いがつくのです。

そんな勢いでぶつけたもんだから、頭カチ割れるかと思いました。

そしたら、たんこぶできました。

頭洗う時、シャンプーがメチャメチャしづらかったです。

しかもさっき、たんこぶから5センチくらい離れた所でしょうか。









蚊に食われました。










たんこぶから数センチ先を今度は蚊にいかれました。

こんなことってあるんですね。

どっちがどっちだか、さっぱり見分けがつかなくなってしまいました。

たんこぶは痛くて、蚊に刺されたとこはかゆい。

トータル、いたがゆい。










いたがっゆいい。









エロカッコイイ、ぽく言ってみました。

言ってはみたものの、サッパリ痛みもかゆみもおさまりません。



あれ?










耳も食われてる!










耳も食われてました!

LIVEでお伝えしております。

耳も食われてしまいました!










みみがっゆいい。










あっという間の出来事でした。

全然気付かなかったー。

とりあえずじっとしていてもかゆいので、これから蚊を見つけたいと思います。

そして蚊には確実な死をおみまいしてやろうと思います。

殺してやろうと思います。

寝ずに探し出し、グチャグチャにひねり潰して、手のひらでゆっくりグルグルと伸ばしていきたいと思います。

僕の腕力の限りを尽くし、指紋のミゾにプリントしてやりたいと思います。

押し花みたいにしてやろうと思います。

こうしてる間にもかゆさは増してゆくばかりで、ムズムズしています。

でも、三ヶ所も負傷しているのでどこのムズムズなのかが微妙に分からないので、一刻も早く蚊を探しだし、ブチ殺したいと思います。


あ、トイレにもいかなきゃ。





 2006.08.09 Wed
  [日記]
初めのあいさつ
挨拶。


「挨拶」は人間社会において必要不可欠でありとても大切な礼儀であります。我々日本人は礼儀作法には世界トップクラスでうるさいもので、精神誠意ある態度を日々心がけているのです。

今回僕は、そんな「挨拶」の次世代版を考案してみました。


その名も、





オノング挨拶です。





「三指ついて挨拶」、というのが最上級の挨拶だとしましょう。
僕の考案したオノング挨拶はこれをはるかに越えてきます。

「こんにちは」

「ありがとう」

「ごめんなさい」

僕達が日常よく使うこれらの挨拶をオノング挨拶で、より丁寧に、より愛情を込めて、よりオノングに。



今回、皆さんにも伝授して差しあげたいと思います。



まず指でピースサインを作ってください。

次に、これに薬指を加え「3」を作ってください。
現在上がってる指は、人指し指、中指、薬指です。指はなるべくめいっぱい広げてください。

これを両手でやります。現在6本の指が上がっています。

次に6本の指を全て前に少し倒してください。

そしてそのまま手を顔の横に持っていきます。両手の位置はそれぞれ肩幅くらいにお願いします。


さ、どうでしょうか?


この時点で既にとても可愛くなりましたね。こんな風に「ごめんなさい」と言われたら許せそうです。


では仕上げです。


そのままの体勢でおじぎをしてください。


これでオノング完成です。







こうする事により、















m(_ _)m ←こうなります















いかがでしょう。これが次世代挨拶オノングです。

相手に気付いてもらえない時は、

「あ、顔モジ!顔モジ!」

と上目使いで言ってやるとなんとも効果的。


友達の家に遊びに行ったらオノング挨拶です。


「あら、ご丁寧な方ね」


相手方の奥さんによい印象を与える事ができます。


飲み会でオノングをすれば、


「何それ何それ?」


あなたは一躍人気者。


会社に遅刻したらオノングをどうぞ。


「まぁそういうことなら仕方ないか」


と許してくれるでしょう。


僕達をつなげるスラングな挨拶、オノング。是非お試しください。

そんな感じでブログ

「足湯にドップリ肩まで浸かる。」

はじまりました。
どうぞ宜しくお願い致します。



m(_ _)m




 2006.08.05 Sat
  [発見]
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。