アグレッシブマッシブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --.--.-- --
ミス
運命かと思った──



僕はいつもの様に営業車で田舎道を走らせていた。(お茶の配達です)


のどかな風景が続く一本道だ。


しばらくすると、向こうから一台の対向車が見えてきた。
僕はすぐにその車の『異変』に気づいたので目を凝らしていた。

なんと、その車の助手席に乗った女性が、窓からこれでもかと身をのり出して、こちら側に手を振ってきていたのです。


「え??何??誰??」


突然のことに戸惑ったが、冷静に「これは何なのか」と考えた。

助けを呼んでいるのか?

いや違う。僕は視力がいい。彼女の表情は非常に笑顔だ。危険にさらされている様子はない。

じゃあ知り合いか?

いやそれも違うだろう。彼女は非常に美人だった。知り合いにあんな美女はいない。


などと色々考えていたが、しかしすぐにそれが何であろうと構わなくなる程の『喜び』が、僕の中に激しく沸き上がってきた。

何故なら、こうして女性に手を振られることがとても久しぶりだったし、しかも相手はとびきりの美女。



嗚呼……、


こんな僕に手を振ってくれる人なんて、飛行機が離陸する時に、「いってらっしゃい」の合図をおくる




滑走路のオッサン



くらいだと思っていた。



僕は幸せに満ち溢れ、導かれるまま窓を開け、その子に手を振り返してしまった。

それに気付いた彼女は嬉しそうにニコリと笑ってくれた。そしてさっきよりも手を大きく振ってくれた。


《う、美しい…》


僕も手を大きく振った。顔をほのかに赤くしながらブンブン振った。


車との距離はドンドン縮まっていく。僕達の距離もドンドン縮まっていく。

彼女とのご対面まで後わずか。

僕の胸は高鳴る。ドキがムネムネと高鳴る。

こんな出会いもあるんだと神に感謝する。


「神様、僕は今あなた様への感謝の気持ちで胸が胸毛でいっぱいです」


僕はスピードをゆるめた。向こうもスピードをゆるめた。


「さあ、いこうか」


僕は仙道くんになった。仙道くんになれた。


20メートル……


15メートル……


10メートル……


この10メートル地点で、僕は彼女に確実に恋をしてしまっていることを確信していた。



と、彼女に心を奪わたその時だった。




ぴかーん!!




彼女の目が紫色に光ったのを僕は見逃さなかった。

彼女はすれ違いざま、待ってましたとばかり、僕にこう言ったのだ。


やや強い、いや、とても強い口調でこう言ったのだ。













「ありがとございます!ありがとうございます!

只今、市民の方の心強い声援を頂いております!

県知事候補者!森まさこ!森まさこ!
新しい風を吹かせる森まさこ!森まさこ!

最後の最後まで!最後の最後まで頑張ります!

ありがとうございます!ありがとうございます!」














と。








一緒に乗ってたジジイとババアも一斉に飛び出してきて、メッチャ手を振ってきた。













まじ、事故りそうになった。












いや、むしろフロントガラスに頭を打ちつけて頭カチ割りたくなった。































「ウィーン…」















パワーウィンドウの閉まる音だけが哀しく響く。

そして自らが犯した過ちを振り返る。



これでいいのか、と。



いや、よくない、と。









夢なら覚めておくれ。



いいや、夢じゃない。



だって後ろの方から、あの女のアナウンスがまだ聞こえてきてるんですもの。








「ありがとうございます!ありがとうございます!」








最後まで読んで頂き

ありがとうございます!ありがとうございます!

(当ブログは責任を持って、森まさこさんの応援をさせていただきます)



スポンサーサイト
 2006.10.29 Sun
  t:0   [日記]
DREAM TEAM
僕はあまり夢を見ないんですが(見ても忘れる)、昨日見た夢はインパクトが強くて鮮明に覚えておりまして。なので今回は昨日の夢を書こうかなと思います。


「夢には全て意味がある」

と、テレビ番組で美輪明宏さんがおっしゃってましたが、果たしてこの夢は一体僕に何を訴えかけたかったのでしょうか。


まず内容ですが、全般的にアニメでした。
全般的にキン肉マンでした。
いい年こいてキン肉マンの夢見ました。

懐かしいなぁキン肉マンと見てたのですが、なんか違うんです。
僕のキン肉マン、なんか違うんです。


よく見るとマスクに違いがありました。


キン肉マンといえば、額に「肉」と書かれたマスクをしてるはずなんですが、


夢の中のキン肉マンは「肉」ではなく、

















「内」でした。













なんか物足りないなと思ったら「肉」「内」でした。


一体この夢は僕に何を伝えたかったのでしょう。

全然すぐれてないスグルに出てこられてもサッパリです。


こんな夢でも意味があるのでしょうか。あるんだろうな、きっと。

そんな夢でした。

今回、ラーメンマンは出てこなかったんですが、ラーメンマンかなり見てみたかったです。


だってこのノリだとラーメンマンの「中」は、

















「串」です。














そんなラーメンマン見ておきたかったなぁと思いました。


夢はふくらむばかりです。夢だけに。


ここまで来るともう手がつけられませんが、キン肉マンのお母さんの「ママ」なんか最悪ですからね。

















「双」ですから。













無茶苦茶です。読めないお子さん続出です。泣き出しますから。


キン肉マンのお父さんなんか王様ですが、そんなのお構いなしです。

















「土」でお願いします。













ストリートの香りプンプンですが、どうぞお構いなくすぐ帰りますから。


ミートくんの「にく」も容赦なく、

















「区」とかでいいです。

区切りもいいし丁度いいです。













ちょっと欲張ったかな。






 2006.10.19 Thu
  t:0   [妄想]
SAYONARA
ついに永(はるか)が東京に帰ってしまいました。


061003_1259~01.jpg


※永(はるか)の過去記事はコチラ


妹の旦那が福島にやって来ました。
そして僕の可愛い永(はるか)と妹を連れ去って行ったのです。


愛する我が子を失いました。






なに?なんだって?

お前の子じゃないだろって?










それはクリリンのことか……









クリリンのことかーーー!!










今そんな話、しとる場合かバカタレがー!!









とにかく連れてっちゃったんだよぉぉー!!(大泣き)









今日は朝から太ももにボールペンをグサグサ刺して、なんとか気を紛らわせているものの、これもいつまでもつのやら。

僕の胸は激しくグッサリです。
太ももには激しくモルヒネぷりーずです。

グッサリ、グッサラー、グッサレストです。

モッサリ、モッツァレラ、もはやムッソリーニです。

ムッソリーニを知らない人にはもうメンソレータムとかにするしかないです。それくらいのグッサリです。(そうですか)


いっそのこと、のどチンコ噛み切って死んでやろうかな思いました。
むしろ下のチンコも噛み切ってやろうかな思いました。

むしろ噛み切った2つのチンコの端と端を固く外れないように「ギュッ」と結んであげて、あーして、こーして……















「あとはチンコ同士で宜しくやったらええんちゃうんかい!」















まあ、何の話をしているのか我ながら意味不明なのですが、とにかく僕はさびちいのです。

家の中は今までの活気など何処へやら。
極めて静寂に包まれているのです。


僕に残されたもの、

それは、そう……
















ヨボヨボの清一と恵子。















いつ何処で貰ってきたのか覚えてないくらい、部屋の隅っこに長い間放置され続けてきた、水分0%のパリッパリのドライフラワーのごとしな清一と恵子。


スーパーマグナムドライなことこの上なし。


そんな訳で、永(クリリン)は光る雲を突き抜けFLY AWAYしてしまいました。
明るい未来に向かって旅立って行きました。


今ごろ駅のホームでしょうか。


残念ですが、ここは現実をしっかりと受け止め、兄として家族の背中を押してあげ、送り出してあげるほかないのです。

妹の旦那の背中を押してあげ(突き飛ばし)、ホームの下に落下させ、
愛するクリリンをこの手に!
……いかんいかん。


もう僕ウツになりそうです。
ウツになると自分の耳を引きちぎって人に食わせる癖があるので、なるべくならそれは避けたいとこです。

でも、しばらくは何もする気がおきません。ブログも書く気がおきません。






なに?なんだって?

書いてるだろって?









今そんな話しとる場合かバカタレがー!!

おととい来やがれ!!おとつい!!










今夜は秋の夜長を泣き通したいと思います。





 2006.10.13 Fri
  t:0   [小野家]
戦力GUY
本日は10月10日です。

『TOTO(東洋陶器)の日』ですね。勝手に。


アメリカの有名ロックバンド”TOTO(トト)”は、デビュー前、初めて来日した時に日本のどの便所にいっても陶器ブランドがTOTOだったことから、

「俺達もこれくらいBIGになってやろうぜ!」

ということで名前を”TOTO”としたそうです。


マジ話です。


なので今日は”TOTO”の『ジョージ・ポージ』あたりを聞きながら、ウォッシュレットでオシリを『ジョージリ・ポージリ』してやってください。


そんなわけで、ウォッシュレットが僕達の生活に普及してから、どれくらいの時がたったのだろうか。

ウォッシュレットがなかった時代を知らない読者様も中にはいるでしょう。



あんたら、恵まれてるぜ!(誰だよ)



僕の家庭にウォッシュレットが来たのは確か小学校の高学年でした。

「このボタンなんだろう?」と、わけもわからずボタンを押した記憶があります。
そしたらウォッシュレットを顔面にくらった記憶があります。

学校から家に帰ってきたら、ウォッシュレットがブッ壊れていて、「シュー!!」って、出っぱなしになっていて、便所が池みたいになっていて、その光景に少し心を奪われたこともあります。

なんだか今にも虹が出そうで、その光景に心を奪われたことがあります。


えっと、話のついでになんですが読者のみなさんに是非ともお聞きしたいことがあります。


うちの一番下の妹は(一番下といっても27歳ですが)、ウォッシュレットしたら風(温風のやつ)で乾かすだけで、紙でケツ拭かないそうなのですが、それってオカシイですよね?どうなの、それ。

普通、拭きますよね?普通って何?拭かないのが普通?
拭きますでしょう普通!僕は拭きますよ。スイマセンこんな話で。

でも、うちの妹のパンツにはボビー・ブラウンくっついてますよね?確実にボビー・ブラウンくっついてますよね?
なんならホイットニー・ヒューストンもくっついてますよ!くっつくでしょう普通!くっつきますでしょう普通!普通って何?わかんない。僕わかんない。


とにかく、『ウォッシュレットした後、紙で拭く』という当たり前とされている(僕はそう思っている)作業を、去年くらいに妹は初めて知ったそうなのです。


どうぞ僕に普通を教えてください。


どっちの料理ショー風に言うならば、


「今夜のあなたのオシリ!

拭く!拭かない!

どっち!!」
(バカだ)


勿論、僕だけじゃない。みなさん全員が普通を知ることが出来るのです。ここハッキリさせていこう。僕は戦う!戦うぞ!







 2006.10.10 Tue
  t:0   [日記]
小さい秋みつけた
オツマミ。


なんとも親近感のわく、フレンドリーな響き。

皆さんはこのオツマミの名前の由来についてどこまでご存じでしょうか。


軽くツマんで食べるからツマミ。


奥さんが旦那さんにビールのツマミに出したから妻味。



ツマミ言ってしまってるけども。



さて、どうなんでしょうか。ちなみに僕は由来知りません。


今日は、そんなオツマミに関する素敵な情報です。


『さけるチーズ』をご存知ですよね?

縦にピリッと裂けるチーズなんですが、あれを裂けさせないでウインナーをかじるように、頭から強引にかじってみてください。

裂けるチーズの効力を無くす為、皆さんこの食べ方を敬遠されてしまいがちです。


確かに少し勇気がいるプレイかもしれません。



が、しかーし!



これをすることにより、どういう現象が起きるかというと、


前歯がどえらい目にあわされます。


驚く程に前歯が気持ちいいことになるのです。


ポイントとしては、前歯でユックリ優しく確かめる様にかじることです。


サクッ!


んー、サクッ!


んー、サクッ!


あの快感をチーズとともに味わって欲しいと僕は願うのです。

ある意味『とろけるチーズ』です。

是非オススメですのでやってみてください。


んー、サクッ!


んー、サクッ!


「んー」でワンクッション入れるのがオツなマミり方です。





 2006.10.05 Thu
  t:0   [発見]
犬のペル
僕は犬が好きです。


犬好きには悪い人はいないので、♀の皆さんは僕のような♂をオススメします。

僕を飼ってみませんか?

どうぞ首輪をつないで背中を蹴ってください。

とても喜びます。

そんな感じで、最近メチャメチャ犬が欲しいのです。

ミニチュアダックスフンドが欲しいのです。


小野家は3年前に愛犬マルチーズのモコ♀を亡くし、その辛さから犬を飼わなくなりました。14年間飼っていました。

モコはあまりにもお利口でした。僕が近寄るだけでモコはオシッコを漏らして喜びました。本当に可愛かったんです。

モコを飼う前はシェットランドシープドッグを飼ってました。

名前はペル♂です。モコと違ってペルはバカ犬でした。バカな犬は本当にバカです。あんなバカな犬見たことないです。

ペルはウンチをすると100パー自分のウンチ踏みます 。踏みしめます。キックダウンするんじゃないかくらい、ベタ踏みします。


ペルを散歩に連れてくと、あるポイントで必ずあっち側に行きたいそぶりを猛烈にみせるのです。そのポイントに差し掛かると首輪を引きちぎる程に暴れるのです。




散歩中にマジに脱走しようとするペル。




その先に何が待っていたのか最後までわかりませんでしたが、ペルはいつも向こう側に、西の方角に行きたがっていました。



ある晴れた日曜のことです。



その日僕と妹は天気がよかったので庭でペルとたわむれていました。たわむれるといっても、ペルが一人でアホみたいに庭をグルグル周っていたので、面白かったからそれを眺めていました。



そこへ登場したのが、昼間から大量の酒を飲み、かなり出来上がった父、清一



腕を組み、しばらくペルを見ていた清一でしたが、何を思ったのか突然僕達にこう言ったのです。


















自然にかえしてやれ


















と。





僕達はビックリしました。


コイツはいきなり何を言いだすんだ?


しかし清一の言う事は絶対でした。逆らったりすると、清一ご自慢の空手技をくらいます。チョップされます。


当時の僕達は、きっと清一はヤクザなんだ、と思ってました。逆らうと普通に殺されるんだろうなと思ってました。


妹は突然のペルとの別れを宣告され泣きだしてしまいました。僕はビビッてチビリそうでした。



もらってきた犬なのに自然にかえすとはどういう意味なのか。



全くわからずアタフタしている僕達を、清一はこう怒鳴りつけました。


















自然にかえせー!


















無茶苦茶です。





しかし逆らえばチョップです。死あるのみです。泣く泣く妹は震える手で庭の門を全開にしました。



でも、そこは長年連れそってきた飼い犬。そう簡単には逃げないだろうと信じていました。


















ペルは勢いよく庭から飛び出しました。


















なんの迷いもなく。逆に気持ちいいくらいに。


グルグル周ってた勢いをそのままに。


今までペルだったことが嘘だったかのように、疾風のごとく消えて行きました。




僕達の前には、ただの汚い庭と汚い犬小屋だけが残りました。



犬小屋にはこう書かれていました。











『ペル』。











清一の命令の意味不明さに納得いく訳もなく、僕達はただただ泣きじゃくるだけでした。




その夜、酔いが覚めて起きてきた清一は僕達にこう言いました。











あれ?ペルは?











僕はそんな家庭に育ったのです。





数日後、ペルを見たという目撃情報が届きました。あの脱走ポイント付近に住むオバちゃんからの情報でした。










「なんか凄い勢いで走って行ったよ」










と言ってたそうです。オバちゃんは半笑いだったそうです。





ペルが夕日に向かって走って行く後ろ姿も、オバちゃんの半笑いの顔も、何となく目に浮かびました。







 2006.10.02 Mon
  t:2   [小野家]
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。