アグレッシブマッシブ
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --.--.-- --
SAYONARA
ついに永(はるか)が東京に帰ってしまいました。


061003_1259~01.jpg


※永(はるか)の過去記事はコチラ


妹の旦那が福島にやって来ました。
そして僕の可愛い永(はるか)と妹を連れ去って行ったのです。


愛する我が子を失いました。






なに?なんだって?

お前の子じゃないだろって?










それはクリリンのことか……









クリリンのことかーーー!!










今そんな話、しとる場合かバカタレがー!!









とにかく連れてっちゃったんだよぉぉー!!(大泣き)









今日は朝から太ももにボールペンをグサグサ刺して、なんとか気を紛らわせているものの、これもいつまでもつのやら。

僕の胸は激しくグッサリです。
太ももには激しくモルヒネぷりーずです。

グッサリ、グッサラー、グッサレストです。

モッサリ、モッツァレラ、もはやムッソリーニです。

ムッソリーニを知らない人にはもうメンソレータムとかにするしかないです。それくらいのグッサリです。(そうですか)


いっそのこと、のどチンコ噛み切って死んでやろうかな思いました。
むしろ下のチンコも噛み切ってやろうかな思いました。

むしろ噛み切った2つのチンコの端と端を固く外れないように「ギュッ」と結んであげて、あーして、こーして……















「あとはチンコ同士で宜しくやったらええんちゃうんかい!」















まあ、何の話をしているのか我ながら意味不明なのですが、とにかく僕はさびちいのです。

家の中は今までの活気など何処へやら。
極めて静寂に包まれているのです。


僕に残されたもの、

それは、そう……
















ヨボヨボの清一と恵子。















いつ何処で貰ってきたのか覚えてないくらい、部屋の隅っこに長い間放置され続けてきた、水分0%のパリッパリのドライフラワーのごとしな清一と恵子。


スーパーマグナムドライなことこの上なし。


そんな訳で、永(クリリン)は光る雲を突き抜けFLY AWAYしてしまいました。
明るい未来に向かって旅立って行きました。


今ごろ駅のホームでしょうか。


残念ですが、ここは現実をしっかりと受け止め、兄として家族の背中を押してあげ、送り出してあげるほかないのです。

妹の旦那の背中を押してあげ(突き飛ばし)、ホームの下に落下させ、
愛するクリリンをこの手に!
……いかんいかん。


もう僕ウツになりそうです。
ウツになると自分の耳を引きちぎって人に食わせる癖があるので、なるべくならそれは避けたいとこです。

でも、しばらくは何もする気がおきません。ブログも書く気がおきません。






なに?なんだって?

書いてるだろって?









今そんな話しとる場合かバカタレがー!!

おととい来やがれ!!おとつい!!










今夜は秋の夜長を泣き通したいと思います。





スポンサーサイト
 2006.10.13 Fri
  t:0   [小野家]
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。